TOP

就職活動における様々なことを更新。

内々定・内定の違い

就活における紛らわしい表現に、「内々定・内定」があります。意味の違いとしては、「内定」は採用する可能性がかなり高く、ほぼ確定している一方、「内々定」では内定する可能性が高くはあるが、もしかすると変動する可能性があるかもしれません、というニュアンスが含まれています。さらに現在は、「企業が内定を出してもいい時期」が決められており、このことが「内々定・内定」問題をさらにややこしくしている、とも言えます。「内定を出したい優秀な学生が来てくれた。まだその時期ではないが、他の企業に取られてしまってはもったいないから、内々定という形で確保しておこう」という思惑が絡んでいたりするからです。いずれにせよ、特に注意しなくてはならないのが、「内々定においても内定においても、その後の活動や景気の状況に関して変更の可能性がある」、ということ。内定が出た後であっても、企業の業績が悪化したり、倒産したりしてしまえば、入社できなくなってしまうこともありえるのです。辛い就職活動、内定が出るのはうれしい物ですが、そこで完全にストップしてしまうのではなく、また動き出せるよう、多少の備えはしておく方が賢明かもしれません。

基本給に福利厚生の諸手当がプラスされた初めての給料

会社に入って、初めて支給される報酬が初任給です。基本給にその他の手当てがプラスされた金額が初任給の額となりますが、入社したての頃はプラスの手当金が少ないのは当たり前。ですが、採用情報では、基本給のみを提示している企業と基本給に諸手当をプラスした金額を提示している企業とがあって混同しやすい問題があります。当然のことながら、基本給のみ提示している企業は、金額が少ないように感じます。そのため、ついつい初任給が多そうな企業に目がいってしまう人もいるでしょう。しかし、基本給にはアップダウンがあり、将来的に昇給できるかどうかは自分の能力次第です。その点、福利厚生は社員に平等に付与される機会であり、こちらが充実していることで基本給が少なめでも乗り切れるという企業もあります。どちらも充実していれば言うことなしですが、慎重に検討すべき項目であることは間違いありません。初任給でもしっかり税金は差し引かれますので、手取り金は保険料や年金、税金などを引かれた後の残額となります。


大学ごとに学生の就職支援をするキャリア形成目的の施設

大学を卒業後にどのような進路をとるかは、学生にとって深刻な問題です。近年は、せっかく大学を卒業しても何となくフリーターになるというような考えの学生も多く、将来設計を学生のうちに立てられないことがその後の人生に影響をおよぼす傾向があります。個々人に合った進路を決めるために、大学側ではキャリアセンターを設けて様々なカウンセリングを行っています。就職するにしても、さらに進学するにしても、自分に最適な進路をとることが、人生を豊かにすることにつながるためです。大学のある近辺での就職、地方への就職への案内の他、卒業生の就職データや求人情報などを得ることもできます。卒業予定の学生だけでなく、1年生や2年生を対象としたキャリア支援を行っている大学もあります。大学に来た企業からの求人を斡旋することもあり、面接や履歴書等に関する具体的な指導もしているのが一般的です。何をしたらいいか迷っている学生には、適正や能力を見極めるプログラムが用意されていたり、インターンシップの紹介をしている大学もあります。

技術系イラストレーターといえど面接の事前研究はしっかりしよう

Web業界が発展してきたために細分化される必要がありそのため新しい仕事がふえています。イラストレーターもインターネット広告代理店などでアイコンやマスコットキャラクター、イラストの作成、エフェクト処理などの業務を行う仕事が従来からありました。しかし、最近はさらにソーシャルゲームが盛んですので、そのキャラクター作成の仕事などの求人も多く見られるようになりました。求人形態も正社員、アルバイト、期間社員、請負などさまざまで業界に飛び込みやすい職業と言えます。求められるスキルはイラスト関連の技術なのはもちろんですが、その企業の行っている会社のコンテンツ次第で、背景の経験がある、パースが得意など細かい必須スキルが書いてあることも多いのでしっかりと応募条件の欄に目を通しましょう。また企業によってはイラストレーターとしてのスキルだけでなく、外注先とのディレクションなどコミュニケーション能力を求めている企業もあります。コミュニケーション能力を推し量るために、面接はあります。ポイントをしっかりと押さえてしっかりとアピールしましょう。企業研究、業界研究はもちろん必須事項です。面接の合否は事前準備をどれだけしっかりしているかで大きく変わってきます。新卒者や未経験者であれば志望動機や自己PRはほぼ必ず聞かれる質問です。そういった想定される質問に関してはしっかり答えられる準備ができるはずです。自己PRは自分のセールスポイント、経験、志望動機、キーワードなどを勘案して30秒から1分ほどで終わるように、一度文字に起こしてみるのがいいでしょう。自己PRをまとめる際のポイントは自分がどういった部分でその仕事に活かすことができるのかに注意してまとめてみてください。志望動機に関しては、自分がどういう経験をしてきたのかを基に、事前研究を組み合わせて志望動機を考えます。なぜ自分の経験を基にするのかというと、それがないと一般論になってしまい、面接官に薄い印象を与えるので、個人的な経験を基に回答を組み上げましょう。この二つの質問からもわかるように、企業研究をしっかりとしないことには技術系の職業であるイラストレーターであっても強いアピールは出来ません。特に未経験、新卒者で求人を行う場合にはしっかりとおこなっておく必要があります。この企業研究、業界研究をしっかりとしておけば、他の質問、例えば将来どんな自分になっていたいですかといった質問や、この業界はどうなって行くと思いますかといった面接で聞かれる代表的な質問のほとんどに答えられるようになります。
正社員採用を目指す就活ブログ


UIデザイナーは何を求められているかを推し量るのが重要です

インターネット上のアプリインターフェースの設計専門家であるUIデザイナーはこれだけWeb業界が専門化され広がりを見せたからこそ出てきた職業でも有ります。UIはユーザーインターフェースのことで、パソコン、スマートフォン、PCページの画面デザインを作成します。これだけ電子機器が発達してきますと、同じことを提供するプログラムでも、インターフェースデザインの優劣がそのままそのコンテンツの価値に変わってきます。スマートフォンなどをするとわかりやすいですが、アプリがその提供してくれるサービスそのものの価値というよりも、使いやすさがかなり重要な選択理由になっていることを考えればUIデザイナーの重要性がわかると思います。求人を探す際には応募資格にUIデザイナーとしての経験があればいうことがないのは間違いないです。そのほかではデザイン系のメジャーソフトのスキルを持っているとか、美術大学や美術系専門学校卒業などクリエイティブ傾向の強い学校を卒業している人でもアピールポイントになります。UIデザイナーに必要な素養とはもちろん過去のUIデザインの最新情報、UIデザイナーが作ってきたものに対する過去に対する知識、Webエンジニア系のCSS等のスキル、ビジネス知識などです。最初の二つはそのままUIデザイナーの知識ですからわかりやすいですが、あとの二つが優秀なUIデザイナーになれるかどうかの違いです。新卒者であってもその二点の蓄積があれば大きなアピールポイントです。エンジニア関係の知識を学ぶ必要があるのは、UIデザイナーはWebエンジニアと折衝しなければならないからです。ビジネスの知識はエンドユーザー、クライアントがどのような物を求め、使いやすいと思うかを知るためです。こういった研究を土台にして、さていよいよ面接に臨んだとしましょう。せっかくスキルを蓄積したのに上手く面接で答えられなければ悔やんでも悔やみきれないでしょう。なのでしっかりと面接対策もしてください。たとえばUIデザイナーなどのように技術系の専門知識が有り、熱意がある人がやりがちなのが、面接官が聞いてもいないことを蛇足的に連ねてしまうということをついついやってしまいがちです。熱意はわかりますが、あまり一つの質問に回答を詰め込んでも、せっかくたくさん話したのに面接官の頭に残らないという結果を生んでしまいます。とはいえこういったことは想定問答だけをやっていると、緊張もあって質問にフィットしない回答、つまり長々と要領をえない回答となってしまいます。ですから、面接の練習をする場合には、ある程度の押さえるべき質問はもちろんありますが、それを丸暗記して答えるというよりも、突然言われた質問をシンプルに答えるという練習もしてみてください。

フリースペース

サイトマップ